FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六月六日生まれの天使

六月六日生まれの天使 (文春文庫)六月六日生まれの天使 (文春文庫)
(2008/05/09)
愛川 晶

商品詳細を見る



本を読むのが遅い僕にしては一気に読み終えました。。。。。


読み終えたんだけど読み終えた感がない


はあ?って感じw


帯を見ると『読み終えたあと必ずもう一回読みたくなります。』ってあるが


読みたくなるんじゃなくて、読まざるを得ない感じに仕向けてるだけじゃんww



記憶喪失

デジャブ―

暴力団

カンボジア

幼い頃のトラウマ

ニューハーフ

セックス

不吉な数字 6月6日・・・


などなどが複雑に絡み合って読者の頭を確実に混乱させます

読み終わってパラパラと読み返してはみたけれど

結局、僕には謎が解けませんでした



以下ネタバレをふくみます・・・


物語は一人称の『私』目線で書かれているにもかかわらず

この『私』が結局一人の『私』じゃなかったのは

何となくわかるのですが

どの章の『私』が本当の『私』?・・・・・

あっイカン!また頭が混乱してきそうだ^^;


物語としてはミステリー要素ありエロ要素ありで

僕的には好きなジャンルなんだけど

今すぐ読み返す自信はないなあ。。。

だけど一年後の6月6日辺りには

題名に誘われて読み返しているかもです^^


このブログを読んで頂いて方には是非一度読んでもらって

謎解きに挑戦してみてください^^




スポンサーサイト

殺戮にいたる病

殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸

商品詳細を見る



何ヶ月か前に読んだ本なんですが衝撃的だったので感想など・・・


いや~。。。グロいです。。。しかもかなりのエログロです。。。とっても好きなジャンルですけど(笑)
簡単に言えば異常性愛者の犯罪を描いた作品なんですけど、描写がゾクゾクするくらい恐いです。
それだけじゃなく読者を騙すトリックにまたまたやられてしまいました^^;





この犯人、死姦(←変換されもしない単語です)じゃないとセックスに満足しない異常者なんです。つまり


声も出さず動きもしない相手じゃないと満たされないと。。。。以前はマグロ状態の女性であれば性交
出来てたみたいなんですが(笑)最後の方は殺してからじゃないと満足出来なくなったんですよね。


ラスト数ページは目を覆いたくなるようなシーンなんで、心臓の弱い人は心して読んだ方がいいと
思います^^;


今回はちょっとハードすぎた感じもしますが、こんな本でないと一気読み出来なくなった僕も
精神に異常をきたし始めたりしてる?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。